【プロが実際に使った】自宅筋トレおすすめのトレーニングベンチ3選

The following two tabs change content below.

宮崎 隆一

代表取締役株式会社リーブル
トレーナー歴16年。パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYMを5店舗運営し、自身でも年間1200~1500件のレッスンを行っている。専門はダイエット・ボディメイクだが、健康やアンチエイジングの為の運動を推奨している。 NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定トレーナー) フィットネスニュートリションスペシャリスト ヘビー級プロキックボクシングライセンス(失効) テコンドー関東大会二部無差別級優勝 全日本学生ボディビル選手権6位 剣道二段 居合道初段

パーソナルトレーナーの宮崎隆一です。私は10年間お客様の自宅での出張パーソナルトレーニング指導を行ってきました。

プロの目線から自宅トレーニングで有効なものを紹介していきます。特にどこかのメーカーからお金もらったりしているわけではないので、本当に使いやすいもの、コスパがいいものを紹介いたします。

前回はダンベルについて紹介させていただきました。今回はダンベルとセットで使いたいトレーニング用のベンチを紹介いたします。

 

【ダンベル】

  1. パワーブロック
  2. ボウフレックス
  3. フレックスベル
  4. スクリュー式ダンベル

【ベンチ】

  1. IROTEC可変ベンチ
  2. フラットベンチ
  3. プロ向けベンチ
  4. (おまけ)床に敷くクッションとマット

【ラック】

  1. GRONGパワーラック
  2. アイロテックパワーラック
  3. TAFF STAFFパワーラック
  4. TAFF STAFFコーナーマルチスミス
  5. TAFF STAFFスミスハーフゲージ

【その他】

  1. ミニバンド
  2. TRX
  3. チンニングスタンド+ゴムバンド
  4. バランスボール

今回はその中からトレーニングベンチのおすすめ商品について解説していきます。

自宅筋トレでおすすめのトレーニングベンチ

自宅で筋トレする際に、最低限これだけあればいいというセットが、「ダンベル」と「トレーニングベンチ」です。

無い場合でも筋トレは可能ですが、どうせなら効率よくトレーニングした方がいいと思います。

ベンチプレスができるだけでなく、腹筋台としても使えたり、台として使ったり、とにかく1つあると幅が広がります。

自宅筋トレで使うトレーニングベンチのポイント

どんなものでもいいかというとそんなことはありません。いくつかのポイントは押さえたいところです。

  • 折り畳める省スペース性
  • 折り畳み機構が単純
  • 角度を垂直まで上げられる
  • フラットより下まで下げられる
  • 脚をひっかけることができる
  • 角度調整が簡単にできる(ねじ式はアウト)
  • 安定感

結構色々なポイントがあります。

折り畳める、折り畳み機構が単純

家庭で使う場合折り畳みできるかどうかは大きな違いです。

折り畳み式のベンチの場合、小さいものではベッドの下にも入ります。物置にしまうのも容易なくらいに小さくなります。

また、折り畳みの際に色々外したりしなきゃいけないのは面倒です。最近はそういうのは少なくなりましたがまだあるかもしれません。

角度を上げ下げできる

角度を変えてインクライン、デクラインを行えることでバリエーションは劇的に増えます。

筋肉の繊維の向きは様々なので角度を変えるといいということです。普通のベンチプレスとインクラインベンチプレスを行うとまんべんなく大胸筋を鍛えることが可能です。

角度を付けたベンチにうつ伏せになってベントオーバーロウイングを行うなど、多くのバリエーションが可能になります。

 

ただ、割と初心者で健康の為とかダイエットの為くらいなら角度を付けられないベンチだけでも大丈夫です。

中級者以上という感じですね。

脚をかけられる

脚を書けるのはデクラインを行う際に必要になります。腹筋やデクラインベンチプレスで使用します。

これは無いなら無いで大丈夫です。デクラインベンチとセットで必要というくらいなので、優先順位は低いポイントです。

角度調整が簡単にできる

角度を調整するのが大事と書きましたが、その調節がねじ式で非常に面倒なものもあります。いちいちねじを回して外してから角度を変えてまた締めなおすという感じです。

主にはねじ式、ばね式、ラダー式の3種類じゃないかと思います。普通にばね式でいいのですが、ラダー式の方が個人的には角度調整が楽で好きです。

安定性が高い

安定性は正直なところ中級者まではあまり気にしなくてもいいかもしれません。

パワーラックを使って100キロ以上のベンチプレスをやりたいという人が気にしたいくらいの要素です。

おすすめ1.IROTEC可変トレーニングベンチ 3万円

可変ベンチは角度を上げたり下げたりするのができるタイプです。一応IROTECのこのタイプが一番おすすめです。

今記事を書いている時点でたまたま欠品している為、アマゾンの出品も停止していますが、僕自身もこれを自宅で使っていて、お客様の多くにも勧めています。

 

別ので同じようなの無いかなと探したのですが、アマゾンだと無いですね。ジムユースの者と比べれば3万円とかなり安く、家庭用の1万前後のものと比べれば高いですが、機能としてはそれらよりはるかに上で最もいいと思います。ジムのものと比べて違うのは強度ですが、1人でダンベルのトレーニングを行うくらいなら全く問題無いです。

私は41キロのパワーブロックを使って何年もこのベンチを使っていますが、どこもおかしくならない程度の強度です。かなりハードに使っても大丈夫です。

IROTEC可変トレーニングベンチのいい点
  1. 角度調整が可能。平行より下までいく
  2. 折り畳み可能
  3. 比較的座面が広くて安定(1万以下の可変式は不安定)
  4. 脚をかけられる

1はデクライン(平行より下)までできるベンチは多くないので貴重です。こだわる人には必須の機能です。

2は省スペースを考えると必要です。僕は以前ベッドと壁の隙間にしまっていました。立てかけるとスペースは取らないですね。

3は座面や背もたれが広めなので安定感があります。1万以下のベンチとの一番の使用感としての違いかと思います。

4は脚をかけることで腹筋の補助だったり、デクラインの固定だったりが可能です。柔らかくないので足痛くなるかもしれませんがまあ大丈夫でしょう。

 

IROTEC可変トレーニングベンチのいまいちな点
  1. 座面の角度は変えられない
  2. 畳んだ時に立てかける場合、適切な向きがある
  3. フラットベンチより畳んでも少し大きいのでベッドに下は入らないかも

1は座面の角度を変えられないと、インクラインベンチの時にお尻が滑ってしまうことがあります。ただ、自宅トレーニングくらいの重量を扱う場合、そこまで気にしなくても大丈夫です。

2は畳んでしまうことができるのですが、運びやすいように車輪がついているものの、そのせいで運んだまま立てかけることができません。転がってしまうので。運んで横に置くか、運んだあと向きを変えないといけないですね。さほど重くないので、最初から車輪を使わずに運ぶのがいいと思います。

3は畳んだ時のサイズがフラットベンチよりも大きくなります。インクラインベンチは全般的にそうですね。ベッドの下が広めの人はしまいたいと思うのですが、結構微妙な高さです。25センチあります。収納場所は考えて買いましょう。

おすすめ2.リーディングエッジフラットベンチ 5580円

初心者~中級者まではこれでもいいと思います。

フラットベンチがあればかなりのトレーニングは可能です。ベンチプレスだけやって問題があるとすれば、やや上部の繊維が付きにくいというくらいですが、それはこだわっていなければ問題になるレベルではありません。

スポーツ選手の中には腕立て伏せやフラットのベンチプレスを行う人が多いですが、そのくらいの見た目でいいのでしたらインクラインベンチをやる必要は無いと思います。

値段もお求めやすく、省スペースなのでおすすめです。多分このメーカーでなくても変わらないと思います。僕が買ったことがあるのがこれというだけです。

リーディングエッジのフラットベンチの良い点
  1. 安い
  2. 省スペース
  3. 安定感

1は価格の安さです。まずトレーニングを始めようかという時に、10万も20万も投資することは難しいです。ベンチ1つで5000円くらいというのは非常にリーズナブルです

2の省スペース性はインクラインベンチと比較するとかなりの小ささです。半分くらいしかないように感じます。小さい分軽いので女性でも簡単に運べますね。しまうことが多くなるベンチでこれはうれしいです。片手で運べます。

3の安定感は、インクラインなどの機能が無い分、小さくても安定しています。これは基本性能としていいですね。

リーディングエッジフラットベンチのいまいちな点
  1. 角度調整が出来ない

もちろん角度が調整できないです。その分軽や省スペース性、安定感に繋がっていますが。逆に言えばそこだけが欠点ではないかと思います。家庭用の用途としては、これ以上の安定感や強度は無くて十分というのが私自身の指導経験から感じています。

おすすめ3.TAFF STAFFマルチパーパスベンチベンチ 115500円

TAFF STAFF社製のベンチです。これはライザップさんなど含め、弊社プライベートジムでも導入しているモデルです。

プライベートジムではこれくらいのモデルを設置してほしいものです。安定感や耐久性が家庭用とは段違いです。

これを導入するのはダンベルトレーニングレベルでは必要ありません。パワーラックも購入して、100キロ以上のベンチプレスなどを行う、本格的な体作りに向けてベンチを様々な使い方をするという場合で十分です。ほとんどの家庭には不要でしょう。

ちなみに同じメーカーでレッグエクステンションやアームカールオプションを付けられるものもありますが、半端なので要らないと思います。こちらのもので十分です。

アマゾンでは買えないので、THINK FITNESSの通販サイトを見てください。

TAFF STAFFベンチの良い点
  1. 安定感
  2. 角度調整可能
  3. 高級感

1は最も重要な点です。トレーニングに拘る際に安定感を外すことはできません。しっかり固定することで目的の筋肉を鍛えることが可能になります。ベンチは結構変な使い方をすることも多いので、安定感は高ければ高いほどいいです。

2はインクラインもデクラインも可能なのはバリエーションが豊富になります。

3はさすがの10万越えという感じで、シートや塗装、溶接も綺麗です。家庭用という感じがしないのがいいですね。

TAFF STAFFベンチのいまいちな点
  1. 値段が高い
  2. 脚をかけられない
  3. 畳めない
  4. 重い

1はの価格の高さはネックです。10万を超えるとなると思い切って1部屋をトレーニングルームにする人など、本格派向けになりますね。

2はデクラインベンチの際に脚をかけるところがありません。

3は畳めない構造なので家庭で使う場合にはしまう場所に困るかもしれません。しかしそれが強度や安定感に繋がっているのですが・・・

4の重さは移動の際には車輪で動かせるものの、どうしても持ち上げなくてはいけないケースでは結構重いです。細身の女性だと難しいかもしれません。細身の女性はこのベンチ買わないと思いますが。

床に敷くクッションとマット

トレーニングをする場合には床の傷を保護することや、マンションの場合は下の階への音を気にする必要がある場合があります。

1つ目のジョイントフロアは45センチ幅のマットを組み合わせていきます。厚さは1センチで、トレーニング用なのでやや硬めです。これはマンションで下の階への音を出したくない人は設置しましょう。ただ、うちもマンションですがダンベルトレーニングくらいなら不要と考えて設置していません。

トレーニングマットは滑りにくくなります。ベンチなども踏ん張ると動いてしまったり、ダンベルを強く置くことで床に傷をつけてしまったりします。ただ、私自身はこれも敷いていませんが・・・

一応賃貸だったり、家を綺麗に使いたいという目的であれば、このようなフロアを設置することをお勧めします。ジムの方はもちろんこれよりも頑丈なものを利用しています。

自宅筋トレでおすすめのベンチまとめ

以上3点のおすすめベンチを紹介させていただきました。

これ以外でも、もう少し安価で本格的な強度のものとかもあるにはあるのですが、タイプ別にベストなものを紹介したつもりです。

目的によって、これで十分というのが違うと思います。オーバースペックなものを購入しても、結局置き場所が無いとか扱いづらいという理由で使わなくなるので、ご自身の目的に合ったレベルのものを購入しましょう。

初心者ならフラットベンチ、中級者以上を目指すならインクラインベンチ、上級者ならプロ向けのものなど。

皆様の自宅トレーニングの参考になれば幸いです。

 


当記事をお読みいただいても良く分からない、実際に教えてほしいというご希望があれば、弊社運営のMIYAZAKI GYMまでお問い合わせください。パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM

パーソナルトレーニングジム「MIYAZAKI GYM」公式サイトをチェック

 


 

「フォロー」ボタンを押すと最新のダイエット・ボディメイクの筋トレや食事に関する情報をツイート上で確認できるようになります。


 

「いいね」を押していただくと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。