【プロが実際に使った】自宅筋トレにおすすめのダンベル4選

The following two tabs change content below.

宮崎 隆一

代表取締役株式会社リーブル
トレーナー歴16年。パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYMを5店舗運営し、自身でも年間1200~1500件のレッスンを行っている。専門はダイエット・ボディメイクだが、健康やアンチエイジングの為の運動を推奨している。 NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定トレーナー) フィットネスニュートリションスペシャリスト ヘビー級プロキックボクシングライセンス(失効) テコンドー関東大会二部無差別級優勝 全日本学生ボディビル選手権6位 剣道二段 居合道初段

パーソナルトレーナーの宮崎隆一です。私は10年間お客様の自宅での出張パーソナルトレーニング指導を行ってきました。

 

自身でのトレーニングもかなり長い期間自宅のみという期間もありました。ダンベルとベンチだけという感じです。それでもジムでやっていた時と同じ体(ボディビルの大会に出ていた時)を維持していました。

お客様の指導の場合も、多くはダンベルだけ、もしくはそれすらも無いという状況でした。

そんな中でも効果を上げてきた器具を紹介していきます。

 

別にどのメーカーも一切お金をもらっているわけではないので、本当に自分が勧めることのできるホームトレーニング器具を推薦していきます。

【ダンベル】

  1. パワーブロック
  2. ボウフレックス
  3. フレックスベル
  4. スクリュー式ダンベル

【ベンチ】

  1. 可変ベンチ
  2. フラットベンチ

【ラック】

  1. GRONGパワーラック
  2. アイロテックパワーラック
  3. TAFF STAFFパワーラック
  4. TAFF STAFFコーナーマルチスミス
  5. TAFF STAFFスミスハーフゲージ

【その他】

  1. ミニバンド
  2. TRX
  3. チンニングスタンド+ゴムバンド
  4. バランスボール

今回はその中からダンベルのおすすめ商品について解説していきます。

自宅筋トレにおすすめのダンベル

固定式ダンベルはだめ?

自宅で筋トレする時にメインとなるのはダンベルでしょう。ただ、1キロ~40キロ程度までの固定式ダンベルを何十個もそろえるのは現実的ではありません。

基本的には可変ダンベルを選ぶことになります。トレーニングには漸進性の原則というものがあり、負荷は少しずつ高めていかないと筋肉は増えていかないのです。なので、5キロのダンベルが扱えるようになったら次は6キロという風に増やしていく必要があります。

必ず可変式のダンベルを選ぶようにしましょう。

1.パワーブロック

可変式ダンベルの決定版として世界中で長く愛されている パワーブロックです。個人的にはこれを一番におすすめします。私自身も自宅ではこれを利用しており、経営するジムも全ての店舗でこれを採用しています。

ちなみにライザップなどを始めとして、多くのプライベートジムでもこれです。いい点といまいちな点を紹介していきましょう。

パワーブロックのいい点
  1. 重量の調節がピンを入れるだけなので簡単
  2. その場ですぐに重量変更可能
  3. 底が平で膝に乗せやすい
  4. 重量が1~2キロずつ調整可能
  5. 40キロまでの高重量(60までのタイプもある)

1については重量の調節が簡単というのが大きなメリットです。スクリュー式のものは重さを変えるだけでひと手間掛かってしまいます。

2については後で紹介するボウフレックスなどの場合、スタンドに載せないと重さを変えることができません。意外と実用の面ではセットごとに増やしたり減らしたりすることが多いので、いちいちスタンドにはめないといけないのは面倒です。重くなるとより顕著になります。

3はスクリュー式やボウフレックスの場合底の部分に芯があるので膝に乗せにくくなります。

4はフレックスベルの場合4キロごとなので女性や男性でも腕や肩のトレーニングの際はちょっと現実的な負荷の増加ではありません。やはり1~2キロの範囲で納めたいところです。

5は40キロまでの重量があれば、ベンチプレスでいうとMAX150キロくらいまでの人のトレーニングで使えます。一応60キロまでのものもあるので、99%の人のトレーニングには対応可能でしょう。ベンチで200キロ以上上げる人はゴールドジムに行って下さい(笑)

パワーブロックのいまいちな点
  1. 高い
  2. 少しバランスが悪い
  3. プルオーバーはやりにくい

1についてですが、パワーブロック最大の欠点はその価格でしょう。税込128700円はダンベル界で最高値ではないでしょうか。それだけに使いやすかったりするのですが。せめて半額ならもう少し普及するのではと思います。

2のバランスの悪さについては、実は新型になって少し悪化しました。持ち手の前後についていたものを外して、パワーグリップなどを使いやすくした結果、少しバランスがとりづらくなり、慣れないと結構握らないといけないという状態です。個人的には気になるレベルではないのですが、パワーグリップとの兼ね合いでそうなってしまったようです。

3は普通のダンベルと形が違うため、プルオーバーのような種目がやりにくいです。とはいえ、下の丸いところを持てばいいのでできるのですが、できないと思っている人もいます。形が違うので仕方ないですが。

パワーブロックの偽物について

パワーグリップはその高さから、格安の模造品が沢山あります。これらは品質が悪く、溶接がいい加減で引っ掛かり易かったり、固定のゴムが緩くてあまり効いていなかったりと、全然良くは無いのですが、単純なダンベルとしての負荷を筋肉にかけるという機能だけを見れば変わりません。

耐久性も元々鉄の塊なので、それほど壊れるものでもない為、問題はあまりないのではという認識です。いきなり13万近いパワーブロックを使うというのもどうかと思うので、最初のうちは安く買える偽物パワーブロックでいいと思います。

実際に自宅で筋トレしているお客様には勧めてしまうことも多いですが、何年も問題無く使っています。使っているお客様には僕もそれで指導しています。

2.ボウフレックス

ボウフレックスは可変ダンベルとしてパワーブロックと同様の人気があります。特に値段は半額程度なので、こちらを選ぶ同業のトレーナーも少なくありません。

私は幾つかの理由からボウフレックスは見送っています。ただ、コスト的なメリットはあるのと、致命的な欠陥ではないのでお勧めに入れておきます。

ボウフレックスのいい点
  1. 40キロまでの十分な重量
  2. スクリュー式よりは重量変更が簡単
  3. 普通のダンベルに近い形
  4. 安い

1については40キロまでの重量があるのはいいことです。ベンチMAX150キロくらいまでの人のトレーニングに使えます。

2については、スクリュー式のものと比べたら変更は楽です。

3はパワーブロックが普通のダンベルと形が違う為、パワーグリップが使いにくかったり、プルオーバーがやりにくかったりという問題が出てくるのを解消することができます。

4については40㎏で63786円とパワーブロックの半額程度です。これは家庭用としてはかなり導入し易くなります。ジムで使う人が多いのも頷けます。

ボウフレックスのいまいちな点
  1. スタンドの上でないと重量変更ができない
  2. 軽い重さでも長い
  3. スタンドが故障する

1についてはボウフレックスの最大の欠点だと思っています。例えば20キロ分の重りで持ってきた場合、次に重量を変更する時には一旦スタンドまでもっていかなくてはいけません。ダイヤル調整も感覚的に合わせることができるものではないので、やや手間がかかるという印象です。特に速やかな重量変更をしたいドロップセットなどは難しいと思います。

2はボウフレックスのタイプだと重くても軽くても長さは一緒です。長いとバランスが悪いのでやりにくいですね。

3はスタンドの上で重量変更をするのですが、それなりの重さのものを置いたりする為か、変更のダイヤルが回りにくくなったり、回してもロックが引っ掛かって抜け無くなったりします。変形してしまうのか原因はわかりませんが、一度なるとそのストレスがずっと続くので、シンプルな構造のパワーブロックと比べると怖いなと思っています。

3.フレックスベル

フレックスベルはかなり普通のダンベルに近い可変式ダンベルです。形が既存のものに似ているというのは大きいですね。ただ、重量が4キロごとなどの致命的な欠点もあるので、使う人は選ぶかもしれません。

フレックスベルのいいところ
  1. 形が普通のダンベルに近い
  2. 長くないのでバランスがとりやすい
  3. 重量調節が片手

1は形が普通のダンベルに近いので、重さのかかり具合や、持ち方などがそのままで大丈夫です。少し形が違うとバランスの取り方や持ち方などで調整が必要になるのですが、それが必要ありません。

2は長さが短いので、体にあたる心配などが少なかったりバランスがとり易かったりします。

3の重量調節も片手で回すだけなので楽です。パワーブロックも片手ですがw

フレックスベルのいまいちなところ
  1. 重さが32キロまでしかない
  2. 重量調節が4キロ刻み
  3. グリップが太い
  4. 調整がスタンドの上

1の重さが32キロというのは非常に残念な重さです。中級者までという印象です。腕や肩には十分なのですが、胸や背中で32キロだとそんなに高いレベルのトレーニングは難しいですね。せめて40キロまでは上げてほしいところです。

2の重量調節は最も致命的な欠点で、一刻も早く改善されることを願います。一応1キロプレートを挟みこんだりすることで調整はできるはずですが、それを覚えるのも一苦労なので何か解決方法が欲しいところです。

3はグリップの太さがやや太いです。背中の種目や持ってスクワットをする時などは持ちにくいかもしれません。

4の調整場所に関してはボウフレックスと同じ欠点です。これはトレーニングのやり方のよっては結構めんどくさいポイントです。

あとはボウフレックスもそうなのですが、強度の関しては疑問があります。調整がしにくくなったりするのではないかと心配はしています。これはフレックスベルでは未確認の為、特に強く注意という点はまだしていません。

4.スクリュー式ダンベル

スクリュー式のダンベルはアイロテック、ファイティングロードその他多くのメーカーが出していますが、どれもそんなに変わりません。どれでもいいです。

ポイントはラバーがあるかないかです。個人的にはラバーがあった方が床に置きやすかったり持ちやすいのでラバーありをおすすめします。

ただ、安い商品なのでほとんどはラバーの部分は後付けで、割とめんどくさかったりします。僕はお客さんが購入した時には一気に何個も付けたので慣れましたが。あと安いゴムなのかしばらく匂いはあります。

スクリュー式は重量変更にかなり手間がかかるのですが、とにかくコストが低いので最初におすすめです。男性20キロ、女性10キロくらいから始めて、もっとレベルアップしたいと思うならパワーブロックなどを買いましょう。

スクリュー式ダンベルのいい点
  1. 安い

スクリュー式ダンベルを選ぶ理由は安いという1点です。20キロでも1万円程度で揃います。これからやろうと思っているという人にはいいですね。10万以上かけて結局続けられなかったというのももったいないです。

10万円以上するパワーブロックの20キロも、1万円のスクリュー式ダンベルの20キロもトレーニングの効果としては差はありません(重量変更のめんどくささで効率は変わりますが・・・)

スクリュー式ダンベルの悪い点
  1. 重量変更に時間がかかる
  2. 重量が30キロ程度まで

スクリュー式ダンベルは重量変更に時間がかかるという点が一番の難点です。いちいちストッパーを外してプレートを減らしたり増やしたりは大変です。また、目的の重さを作るために調整するのも結構めんどくさいです。

重量も概ね30キロくらいまでです。中級者までという使い方になる場合が多いと思います。

自宅筋トレ用のダンベル紹介動画

以下の動画で主なダンベルの紹介をしていたので、是非参考にしてみてください。

概ねこの動画も同じような部分を指摘しているかと思います。

実際に使っている動画もあるので参考にしてみてください。

自宅筋トレ用のダンベルまとめ

自宅で筋トレする場合に最もお勧めなのはダンベルです。その中でコストに合ったものを選ぶのが最適です。

スクリュー式のダンベルでトレーニングを始めてみて、続けられそうならパワーブロックというのが個人的には一番おすすめな方法になります。

コストが気になる方は、正規品でないパワーブロックでもいいかもしれません。普通に筋トレする分にはそれほど問題無いと思われるので。

皆様の体づくりの参考になれば幸いです。


当記事をお読みいただいても良く分からない、実際に教えてほしいというご希望があれば、弊社運営のMIYAZAKI GYMまでお問い合わせください。パーソナルトレーニングジムMIYAZAKI GYM

パーソナルトレーニングジム「MIYAZAKI GYM」公式サイトをチェック

 


 

「フォロー」ボタンを押すと最新のダイエット・ボディメイクの筋トレや食事に関する情報をツイート上で確認できるようになります。


 

「いいね」を押していただくと最新情報がすぐに確認できるようになります。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。